マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンション管理の知識


マンション管理Q&A


Q&Aトップページへ戻る 直前の部分へ戻る



大規模修繕や改修について

来年の大規模修繕の前に今年は「建物診断」を受けるという予定が、管理組合の今年の活動計画に入っています。この建物診断は一般に行われているものですか。また何をするのですか。
   
大規模修繕の前段階として「建物診断」を実施することは近年通例化しています。これまでもずっとマンション管理の一環として日常点検、定期点検をしていると思います。大規模修繕はおおむね10年間は必要ないと考えられていますが、点検によって異常が発見された場合は緊急対応や修繕時期を早めることも検討しなくてはなりません。またマンションには、有資格者による点検結果の報告(特殊建物の定期報告)をすることが建築基準法、消防法、水道法などの法律によって義務付られている項目もありますから、定期点検ではこれらの項目も点検しています。

これに対して「建物診断」は、定期点検の結果と、専門家の目視、指触、打診(叩いて打音で判断する)によって大規模修繕が必要かどうかを診断します。その際入居者のアンケートを参考にする方法を採り入れている管理組合もあります。
こうしてマンションの現状を把握することは、大規模修繕の修繕設計書を作成するために不可欠なのです。

建物診断は、大規模修繕工事を行う建築会社に依頼するより、建物診断、修繕設計、工事監理、長期修繕計画の作成等を行う建築士事務所に依頼するほうが、より的確な診断を得ることができ、工事見積りも取りやすくなります。
(東洋グリーン建物株式会社は、建物調査、診断、設計、積算、発注までの各業務を一貫して管理組合様にご提供することができます)