マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンション管理の知識


マンション管理Q&A


Q&Aトップページへ戻る 直前の部分へ戻る



大規模修繕や改修について

最近「外断熱」という言葉を耳にしますが、マンションでも外断熱工法で建築されたものがあるでしょうか。
   

日本で「外断熱工法」が本格的に始まったのは1990年代以降で、それ以前は「内断熱工法」が多く採用されています。
マンションの躯体は鉄筋コンクリートでできていますが、このコンクリートには温まりやすく冷めにくいという性質(蓄熱効果)があります。
コンクリートの内側(室内側)に断熱材を設ける「内断熱工法」では、コンクリートが外気の温度変化を直接受けてしまうため、コンクリートの蓄熱効果を必ずしも有効に活かすことができません。
一方、コンクリートの外側に断熱材を設ける「外断熱工法」では、断熱材がコンクリートまで包み込むことから、コンクリートが外気温の影響を受けることが少なくなります。
その結果、蓄熱効果により室内の温度が安定し、冷暖房コストを節減することができます。また、冬季の結露の恐れが少なくなるほか、コンクリート自体の耐久性維持にも効果があります。
最近は、省エネルギー、エコロジーなどの観点から、「外断熱工法」を採用する建築物がますます増えています。
既存のマンションでも、大規模修繕工事などで屋上の防水工事を施す際に、内断熱から外断熱に替える工事例が出てきています。屋上は日射による温度変化が激しいので、屋上だけでも外断熱工法を採用することは価値があります。