マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンション管理の知識


マンション管理Q&A


Q&Aトップページへ戻る 直前の部分へ戻る



大規模修繕や改修について

ベランダで太陽光発電ができると聞きました。分譲マンションに住んでいるのですが、設置は可能でしょうか。
   

ベランダやバルコニーに置いて使える太陽電池(ソーラーパネル)が市販されています。太陽光を集めるソーラーパネル、蓄電するバッテリー、100ボルトの交流に変換するインバーターなどをセットして電線で屋内に引き込むことができます。

ソーラーパネルは太陽光を受ける面積によって発電規模が決まるので、ベランダで発電できる量は限りがあります。テレビ一台分くらいの電力だけでも、1u程度のパネルが必要です。

ただし、小型のソーラー充電器程度であれば持ち運びがかんたんですが、ある程度の大きさのものになると、ベランダ設置に問題があります。分譲マンションのベランダは共有部分ですから、ソーラーパネルの設置については、管理組合に相談してから検討しましょう。

屋上にソーラーパネルを設置すればかなりの規模の太陽光発電が可能です。既存のマンションでも、屋上に太陽光発電パネルを設置し、まとまった電力をつくりだすことは可能ですが、太陽光発電は導入費用が大きく、経済効果の問題もあり、現在、既存マンションで設置するケースはほとんどないようです。

新築マンションにおいては、屋上に太陽光発電パネルを設置し、まとまった電力をつくりだして共有スペースの消費に利用するタイプや、大規模に設置して電力供給事業者(ESP)に管理を委ね、従来の電力会社からとESPからの二本立てにして専有スペースに供給する、という新しいタイプのマンションも出はじめています。