マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンション管理の知識


マンション管理Q&A


Q&Aトップページへ戻る 直前の部分へ戻る



大規模修繕や改修について

管理組合の理事です。住んでいるマンションは築20年を超えました。ちょうど10年経った時に、第1回目の大規模修繕工事として、外壁および手すり等の鉄部の再塗装を行いました。その効果があったのか、壁面に亀裂が入ることもなく、鉄部にさびも出ていません。2回目の大規模修繕はいつごろ、どんな修繕が必要なのでしょうか。
   

築20年で亀裂もさびもない外観を保っているのは、建物のためにとてもよいことです。1回目にきちんと修繕しておいたことがよい結果になっている面もあると思います。

そして、1回目の大規模修繕から10年を超えたところで2回目の大規模修繕の検討をするのは、たいへん的確かつ優れた対応です。

大規模修繕は、必ず10年ごとに行わなくてはならないものではなく、建物の状態がよければ、修繕工事の実施をする間隔を開けてもよいものです。けれども、問題があるかないかをチェックすることは大切です。毎年点検を行わっていても、節目に詳細な建物の劣化診断を実施することをお勧めします。

2回目の大規模修繕の時期や修繕項目は、その診断結果を見て、検討します。

建物診断は、建物調査を行い、躯体(コンクリートや鉄筋)、外装(外壁や塗装、防水)、設備(電気機器系統、給排水設備、空調設備など)の劣化や故障を点検し、修繕工事の対象となる箇所を明らかにします。

20年以上経ている場合、外装と設備に、近い将来ダメージが大きくなるきざしが現れていることが考えられます。まだ修繕には及ばないという箇所もあるでしょう。個別に診断結果を出してもらい、検討することが大切です。