マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンション管理の知識


マンション管理Q&A


Q&Aトップページへ戻る 直前の部分へ戻る



大規模修繕や改修について

マンションの居室のリフォームをしようかと考えています。消費税が上がる前にと思っていますが、引き渡し日が10月1日を過ぎると消費税が高くなってしまうのでしょうか? また、マンションのリフォームが対象になるような減税制度はありますか?
   

10月1日から消費税が8%から10%に引き上げられる予定です。リフォーム工事の場合は、経過措置として、引き渡しが10月1日以降でも、2019年3月31日までに契約した場合には、消費税8%が適用されます。4月1日以降の契約では、10月1日以降の引き渡しの場合は10%となります。もちろん9月30日までに引き渡しができた場合は、消費税は8%です。

リフォームには、交換する設備や家具のほかに工事費がかかります。これらにも消費税は課税されます。ローンを組む場合はその事務手数料なども課税の対象です。高額なリフォームでは増税の影響は少なくないでしょう。

消費税増税に対する支援策としては、住宅ローン減税の控除期間の延長、リフォーム資金の贈与にかかる贈与税の非課税枠の拡大があります。
また、消費税率10%で、一定の性能を有する住宅へリフォームした場合を対象に、次世代住宅ポイント制度の実施も検討されています。

耐震リフォーム、バリアフリーリフォーム、省エネリフォーム、同居対応リフォームなどを対象とした所得税控除や固定資産税の減額制度は、これまで通りに利用することができます。

消費税が現行の8%のうちにと、3月31日までに契約をしようと急いだり、引き渡しを9月30日までにしてもらおうと急ぐことで、せっかくのリフォームが満足のいくものにならなかったら台無しです。
今は工事業界は全般的に人手不足です。そのうえ増税前のかけこみ発注が重なっていると考えられるので、希望通りの工期で引き渡してもらえるかどうかも見極める必要があります。
見積もりや現地調査、内容の確認、書類の準備など、契約までに要する日数も考えて、早めに取り掛かりましょう。