マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンション管理の知識


マンション管理Q&A


Q&Aトップページへ戻る 直前の部分へ戻る



耐震について

よく「新耐震基準」と言われていますが、旧の耐震基準が適用された建物は、新耐震基準の建物とどのように比べられているのでしょうか。
   
現行の耐震基準(新耐震基準)は、1981年6月から適用されているものです。建築基準法は1950年に制定されて以後、何度か改正されていますが、耐震基準の改正は1970年と1981年に大きく改正されました。

新耐震基準の建物は、中規模の地震(震度5強程度)に対してはほとんど損傷を生じず、極めて稀にしか発生しない大規模の地震(震度6強から震度7程度)に対しても、人命に危害を及ぼすような倒壊等の被害を生じないことを目標とするとされています。

では1981年以前に建てられた建物はどれくらい危険なのかというと定かではありません。ただし阪神・淡路大震災で倒壊した建物の多くが旧基準に基づいて建設された建物だったことは調査結果に出ています。

また年数を経れば、建築物の耐震性も劣化していきます。定期的な建物の補修や補強を行うことなども、耐震性の維持には欠かせないことです。